ここから本文です。

くらし・手続き

知内町役場 >  くらし・手続き >  住まい・まちづくり >  認定こども園 >  新園舎建設状況について(令和3年8月2日更新)

新園舎建設状況について(令和3年8月2日更新)

□認定こども園ができるまで

   令和4年4月開園予定の「しりうち認定こども園」の新園舎建設工事が令和3年5月20日から
  始まりました。
   新しい園舎が完成するまでの工事の状況や会議風景等普段町民の皆さんがお目にできない
  ような様子を、ドローン撮影画像等を使ってお知らせしていきたいと思います。
   また、建設地に隣接する遊具公園をご利用の際は、町道向かい側に臨時駐車場を設置致し
  ましたので、そちらをご利用していただき、工事関係車両の通行もありますので十分注意す
  るよう重ねてお願い致します。
   町民の皆様には、何かとご迷惑をおかけ致しますが、安全第一で工事を進めて参りますの
  で、ご協力をお願い致します。

□工事概要

  ●工    期 令和3年5月20日から令和4年3月18日まで(約10ヶ月間)
  ●構造・床面積 木造平屋建て 1,115m2
  ●施 工 業 者 (建築)齊藤建設・高木組特定建設工事共同企業体
          (機械)ニシカワ産業・岡田商会特定建設工事共同企業体
          (電気)北弘電・繁田特定建設工事共同企業体
  ●工事監理業者 株式会社 創建社

□完成予想パース



            ●外観パース(正面玄関廻り)


           ●内観パース(だんだんホール廻り)

□工事進捗状況

  ●基礎配筋・型枠組立作業(令和3年7月26、27日撮影)
    いよいよ東京オリンピック2020が始まりました。
  連日、各国の選手達が金メダルをめざして奮闘しているところですが、
  現場にもオリンピック会場のように、施工会社各社の社旗と安全旗を
  現場入り口ゲート横に掲揚しています。 
  
  
  旗の下には、工事標識や施工体系図というような工事現場で必ず
  目にするような看板類が仮囲いに貼ってあります。


  現場では7月20日頃から基礎部分の鉄筋と型枠の組立を行っています。
  
  
  上の写真は鉄筋材料のいち部分になりますが、一般住宅用の鉄筋と
  比べて太いのがお分かりでしょうか。
  今回使用する鉄筋の中で一番太いのがD19というサイズになり、
  直径が約2cmくらいあります。
  非常に重くて、夏は材料自体が熱くなりますので、鉄筋工の職人達は
  皮手袋を履いて作業をします。

  
  
  通常は、鉄筋工の職人が材料を肩にかついで組立場所まで運びますが、
  こども園では場内が広いことと工期短縮のために、移動式クレーン車で
  材料を吊り上げて組立場所まで運びます。


  
  鉄筋を組み立てているところです。
  一般住宅と違い、基礎の高さや幅もまちまちで、太さや本数もその箇所
  によって違います。
  現場では間違えないように自主検査のあとに施工者の社内検査、その次は
  監理者検査というように何度もチェックをしてミスを防ぎます。


  
  鉄筋の組立が完成したところです。


  鉄筋の組立が完了しましたら、今度は型枠大工さんにバトンタッチです。
  コンクリートが漏れないようにしっかりと固定をして組み立てます。

  
  現場内、1メートル以上の段差がありますので、作業用通路足場を
  設置しています。


  
  全景写真になります。
  何となく建物の形が分かるようになってきました。
  右に写っている桜の木の辺りが入り口になります。

  ●総合定例打合せ会議開催(令和3年7月14日撮影)
  工事現場では、発注者・工事監理者・施工者の3者が定期に集まり、
  工程や仕上げ材料の色決め等を定例打合せ会議で協議をします。
  このコロナ禍においては、Zoomを利用してWebで会議を開催しており、
  知内2ヵ所と札幌1ヵ所 計3会場中継で打合せをしています。

  
 
 ●地盤改良及び根伐・地業工事開始(令和3年7月1、14日撮影)
  現場ではいよいよ本格的に工事が始まりました。
  まずは、建物が沈下しないよう地盤改良工事を行い、その後根伐・地業工事を行います。
  建設場所の支持層地盤が比較的浅い位置にありますので、杭を打つ必要がなく、基礎下
  部分のみ深さ約2m程度の地盤改良を行いました。
                                            
  
  ショベルに取り付けたドリルで地面に穴を開けて、セメントと土を
  攪拌して地盤改良します。

   
    上記写真が地盤改良工事完成後の全景になります。
  円が2個だったり4個ずつ並んでいるものが地盤改良体になります。
  全部で130ヵ所改良しました。
  
 ●安全祈願際(令和3年6月10日撮影)
  工事着工に先立ち、安全祈願際を雷公神社にて執り行いました。
  緊急事態宣言下の中、感染症対策を講じて工事関係者のみの出席となりましたが、
 無事故無災害で工事が完成するよう祈願致しました。

     

 ●建設地の現況(令和3年4月28日撮影)
  写真に写っている4本の桜は、旧知内小学校卒業生の卒業記念樹です。
  外観パースにも写っておりますが、来年4月の完成後は新園舎正面玄関前にきれいに
 咲き、新園舎のシンボルツリーとなります。









  

お問い合わせ

建設水道課建築係
049-1103
北海道上磯郡知内町字重内21-1
電話:01392-5-6161
FAX:01392-5-7166

認定こども園

マイリスト

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る