ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

知内旬だより

知内町役場 >  知内旬だより >  十七夜講祭

知内旬だより

イベント

十七夜講祭

2014年1月17日

雷公神社の祖、了徳院重一の妻、玉之江を葬った場所に植えられた杉「姥杉」の根元には大きなコブがあり、女性の乳房の形に似ています。

古来より授乳や安産の神様として信仰されてきたこの姥杉。関連する行事として、毎年1月17日に雷公神社で行われる十七夜講祭は、「おっぱい祭り」とも呼ばれています。

17日の今日、雷公神社ではこの祭りが行われ、乳房の形にした「しとぎ」を祭壇に供え、厄除けや家内安全を祈願したあと、氏子による神楽が披露されました。

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る