北海道新幹線について

知内町って?

鉄道と知内

どこでもユキちゃん平成28年3月26日、いよいよ北海道新幹線新青森〜新函館北斗間が開業します。
北海道新幹線の何といっても青函トンネル。全長53.85キロ、最深部で海面下240メートルを走るこのトンネルは、営業中のトンネルとしては世界最長です。

53.85kmの長いトンネルを抜けて最初に飛び込んでくる北海道の景色、それが知内町です。

そして青森県今別町から北海道木古内町までの一部区間を新幹線と貨物列車が同じ路線を走るため、3本のレールが敷かれています。その中間にある知内町では新幹線と貨物列車が並ぶ様子も見ることができる場所になっています。


8_l.jpg

北海道新幹線開業に合わせて、東京発の一番列車を「お出迎え」します。



■時間 10時30分頃〜
(はやぶさ1号 東京6時32分発 新函館北斗10時58分着)
場所は知内町湯ノ里にある青函トンネルの出入口付近、知内川堤防沿いになります。
(JR北海道、北海道新聞様より旗が配られます)

現地付近には駐車場はありません。周辺の道路・民有地への駐車は交通の妨げや住民の迷惑となりますのでお止めください。