ここから本文です。

教育・文化・スポーツ

知内町役場 >  教育・文化・スポーツ >  スポーツ >  スポーツ情報 >  全日本陸上選手権大会

全日本陸上選手権大会女子走高跳第2位 京谷萌子選手


京谷萌子選手 (知内高等学校教諭)
全日本陸上選手権大会女子走高跳で1m77cmを跳躍し、第2位に輝きました


 練習できる頻度は週に1度あるかないかというコンディションの中、日本2位になることができた京谷選手にインタビューをしました!

・・・練習量が少ない中で2位という成績を収められた理由・・・
 時間がない中、大会に参加させてくださった方々や陸上部員に「中途半端な結果ではいけない」という思いから、結果を出すことにこだわりました。だからこその成績かと思います。優勝を目指していたので悔しいですが、また次に向けてのバネにして教え子たちと一緒に成長しようと思います。

・・・知内町での練習について・・・
 スポーツセンターをよく活用させてもらっています。また、知内町陸上部の顧問として、教え子から学ぶことも多くあります。陸上をやっている歴が長くなると考えも凝り固まってきてしまいますが、改めて大切なことを思い出したり、「昔学んだこのことも教えてあげよう」という気づきも生まれ、教え子と選手としての私の相乗効果が期待できます。自分にとって利潤が多いです。

・・・少し、内容は変わりますが、知内高校の陸上部の顧問を務め、教え子が同じ種目でインターハイに出場したことについて・・・
 同じ競技だからこそ、教えるのは難しいです。ですが、昨年のインターハイに出場することができなかったという悔しさを乗り越え、辛い練習をこなし、今年のインターハイに出場を決めることができたのは彼女の強さだと思います。見習っていきたいです。

・・・選手として、顧問としての今後・・・
 選手としてもまだまだ現役でやっていきます!顧問としては、これまでの経験を伝えていきたいと思います。選手として陸上を続けることは教え子にもいい刺激を与えると思っているので、お互いに高め合い、成長していきます!
 

マイリスト

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る