ここから本文です。

産業・観光

知内町役場 >  産業・観光 >  産業 >  林業 >  鳥獣被害防止電気柵事故注意について

鳥獣被害防止電気柵事故注意について

先日、静岡県西伊豆町で、川で遊んでいる家族が川岸に設置されていた鳥獣対策の電気柵に感電し、死亡する事故がありました。このような事故を防ぐためにも、以下の注意点を確認し、感電防止対策に向けた適切な対応をお願いします。また、経済産業省作成の電気柵についてのパンフレットも掲載いたしますのでPDFファイルからご覧下さい。
  1. 電気柵の電気を30ボルト以上の電源(コンセント用の交流100ボルト等)から供給するときは、電気用品安全法の技術基準を満たす、電気柵用電源装置を使用すること。
  2. 上記1の場合において、公道沿いなどの人が容易に立ち入る場所に施設する場合は、危険防止のために、15ミリアンペア以上の漏電が起こったときに0.1秒以内に電気を遮断する漏電遮断器を施設すること。
  3. 電気柵を施設する場合は、周囲の人が容易に視察できる位置や間隔、見やすい文字で危険表示を行うこと。
電気柵に関する経済産業省作成パンフレットPDF(1.14 MB)
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。


お問い合わせ

産業振興課林業振興係
049-1103
北海道上磯郡知内町字重内21-1
電話:01392-5-6161
FAX:01392-5-7166

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る