ここから本文です。

産業・観光

知内町役場 >  産業・観光 >  産業 >  農業 >  知内の農業 >  知内町の農業

知内町の農業

当町の農業は、ニラ・ほうれんそう・トマトなどの施設型園芸作物また水稲・畑作や酪農を組み合わせた複合経営を主体に農業振興を図っています。
現在は道内都市部はもとより、本州各地への出荷体制をとり、高品質で安心・安全な知内野菜のブランド化を推進しています。

知内のニラは加温ハウス栽培、無加温ハウス栽培の「前期ニラ」と夏秋どりの「後期ニラ」を組み合わせ、ほぼ周年栽培が行われています。葉幅が広く肉厚で、食べると甘く柔らかいのが特徴です。風味豊かで、おひたし、卵とじ、炒めもの、鍋料理、ニラしゃぶなどさまざまな料理によく合います。
また全道一の生産量と品質を誇っていて、日本農業賞をはじめ数多くの賞を受賞しています。
知内ニラの写真
ほうれん草の写真
5〜10月まで収穫され、徹底した土づくりや水管理により夏場でも高品質生産が可能となっています。知内のほうれん草はビタミンたっぷりで、収穫されてから、予冷庫で鮮度が保てる温度まで冷やしています。とれたての状態をそのまま包装しているのでとても新鮮で美味しく頂くことができます。

トマトは7〜10月頃まで収穫されます。
平成22年度よりYes!Cleanの認証を取得し、消費者の皆様へ「安全・安心」な知内トマトをお届けしています。
知内のトマトは健康な苗づくりから始めているため、水と土の恵みをいっぱいに受けミネラルも豊富であり、さらに美味しく食べてもらえるように、センサーによる厳密な選別が行われています。
また知内では北海道が生んだブランド米「ふっくりんこ」が主力品種となっています。
大豆そばといった主力作物にも取り組んでいます。
 

知内の農業

マイリスト

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る