ここから本文です。

産業・観光

知内町役場 >  産業・観光 >  産業 >  ものづくり産業振興条例 >  3 しりうち暮らし~仕事編~

3 しりうち暮らし~仕事編~

 

農業編

農業経営には、色々な技能や資格が必要です。例えば、トラクターを運転するための大型特殊免許を取得する際に、取得費用の助成を受けることが出来ます。
施設園芸でほぼ1年中出荷できる「しりうちニラ」の栽培を行う際に、収入面の不安はあるものの青年就農給付金は、経営が不安定な就農(5年以内)の所得を確保する制度で、就農後の定着を支援します。 

漁業編

漁業経営には農業と同様、色々な技能や資格が必要です。例えば、漁船を操縦するための一級小型船舶操縦士を取得する際に、取得費用の助成を受けることが出来ます。
知内町のブランドである「知内かき」の養殖を行う際に、収入面の不安はあるものの青年就漁給付金は、経営が不安定な就漁(5年以内)の取得を確保する制度で、就漁後の定着を支援します。
養殖基本施設は、町と漁協で整備しているため、養殖係留施設を整備する必要はありません。

就職編

知内町では、渡島・檜山管内で行われる通常の職員採用試験(教養試験・作文試験)のほかに、「書類選考(履歴書・自己推薦書等)」などによる自己アピール方式による職員採用試験を行っています。
自己アピール方式では、スポーツ・文化芸能等の分野において大きな実績・成果を収め、これに至るまでの過程で培われた意欲や能力を町政に発揮できる方を募集しています。(注)年齢・最終学歴等の条件があります。

(注)就農・就漁・就業に必要とされるあらゆる資格の取得に対応しています。


お問い合わせ

ものづくり推進室
049-1103
北海道上磯郡知内町字重内21-1
電話:01392-5-6161

ものづくり産業振興条例

マイリスト

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る