ここから本文です。

産業・観光

知内町役場 >  産業・観光 >  産業 >  ものづくり産業振興条例 >  4 しりうち暮らし~生活編~

4 しりうち暮らし~生活編~

 

子育て

知内町は、働きながら子育てしやすい環境を整備しています。例えば、夫婦共働きで初めての農業・漁業に取り組むにあたって、仕事の間預かってくれる保育園や学童保育は必要不可欠。知内町では保育園も学童保育も充実した環境が整っています。

保育料軽減

例)湯の里小学校と湯の里保育所の複合施設「湯の里ゆめ学園」に入園。事前に囲まれた環境で健やかな成長が期待できます。また、知内町では保育所(保育園)の保育料は町独自に国基準の4~7割に抑えており、各家庭の経済的負担が軽減されます。

学童保育

例)学童保育を開設している「子供交流センター」は知内小学校のすぐ近く。(中央公民館横の複合施設「遊泳館」内)学童保育の保育時間は17時30分までで、小学6年生まで利用可能。小学生が一人で留守番する心配もなく、クラスメイト以外の友達とも交流を深めることが出来そうです。

教育

知内町はスポーツセンター、しおさい球場、町民プールやスキー場などスポーツ施設が充実。スポーツ少年・少女、若い方からお年寄りまでスポーツを楽しむことが出来ます。

住まい

ライフスタイルで選べる多様な住まい(マイホーム)の取得に対する支援があります。

住宅取得型支援

5年以上定住する移住者の新築住宅建設または中古住宅購入には、町の補助制度があります。

1 自己の居住の目的で住宅を新築した者

  • 世帯責任者とその配偶者 1人当たり100万円
  • その他世帯員 1人につき25万円
例)夫婦と子供2人なので年間50万円、5年で計250万円の補助を受けられる。

2 自己の居住の目的で住宅を購入した者

  • 世帯責任者のその配偶者 1人当たり50万円
  • その他世帯員 1人につき25万円
例)夫婦と子供2人なので年間30万円、5年で計150万円の補助を受けられる。

住宅貸付型支援

町産材使用などを基本仕様に、間取りや収納等は設定の範囲内で自分仕様にすることが可能。
住宅は省エネ性能にも優れ、家賃を払いながら、20年後には無償譲渡(貸付期間:20年間、条件:土地購入)により自分の家とすることができます。

セミオーダー型住宅基本仕様(前プラン共通)

  1. 木造住宅2階建て(在来工法)
  2. 次世代省エネ基準で高気密・高断熱
  3. 暖房に電気不要の薪ストーブを採用 
  4. 町内産木材の使用で地産地消

プランが選べるセミオーダー住宅が気になる方は、ここをクリック!

知内町に興味があり、お試し暮らしが気になる方は、ここをクリック!

 


お問い合わせ

ものづくり推進室

ものづくり産業振興条例

マイリスト

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る