ここから本文です。

産業・観光

知内町役場 >  産業・観光 >  産業 >  ものづくり産業振興条例 >  移住促進住宅体験とお試し暮らし住宅の違い

移住促進住宅体験とお試し暮らし住宅の違い

Q.『移住促進住宅体験』と『お試し暮らし住宅』の違いとは?

A.『移住促進住宅体験』と『お試し暮らし住宅』は、根本的に体験してもらう目的が違います。


『移住促進住宅体験』は、地域の木材で、地域の工務店が経てる戸建て住宅が知内型低炭素住宅です。最新の省エネ住宅性能と薪ストーブを持ち、光熱費を安価にし、CO2排出量削減で地球温暖化も防げる「低炭素」な省エネ住宅です。定住・移住を希望している方やセミオーダー住宅に興味のある方に体感していただく住宅なっています。
(注)1泊2日~2泊3日間利用可能。

詳しくはここをクリック!
 

『お試し暮らし住宅』は、知内町へ移住を検討している方や知内町に興味のある方々に、事前に町の生活を体験、まだ知らない知内町を多く知っていただくためにご用意した住宅となっています。(住宅の立地場所の小谷石地区は、津軽海峡に面した急峻な傾斜地に集落が形成されている地区ですが、豊かな自然・海岸景観に恵まれた場所を体感する住宅となっています。)
(注)1週間~1ヶ月間お試し暮らし可能。

詳しくはここをクリック!
 

  

お問い合わせ

ものづくり推進室

ものづくり産業振興条例

マイリスト

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る