特産品 カキとニラ

キーワードで知内早わかり 特産品 カキとニラ
日本海を北上する暖流と、太平洋からの寒流が交差する津軽海峡の荒波と、道南の名峰大千軒岳が源の知内川が運んだ肥沃な大地により育てられた知内の逸品です。

津軽海峡でおいしく育った知内のカキ

知内カキ

カキの写真海峡の早い海流で育った「知内カキ」。
他に類を見ない海峡での外海養殖は十分に栄養を取り込んで、大きく身の締まったカキを育てます。
カキが海のミルクと呼ばれるのには、カキに含まれる豊富な栄養素が理由に挙げられます。
良質なタンパク質を多く含み、グリコーゲン、ビタミンA・B1・B2・C、カルシウム、亜鉛、鉄をはじめ、ストレス制御、ダイエット効果、成人病の予防などに効果がある、話題のタウリンも含まれています。栄養素が欠乏しがちな冬の食生活には最適な食品です。

生カキ

生カキの写真

殻をはずしたカキにレモンを絞ってお召し上がりください。
口の中でカキの旨味が広がります。

 

蒸しカキ

蒸しカキの写真

鍋に薄く水(または酒)をはり、カキを並べてふたをします。沸騰させ約15分位でカキは蒸しあがります。貝を開いてそのままかポン酢、レモンなどをかけてお召し上がりください。
※ホットプレートでも簡単に作れます!


知内カキのおいしいレシピ

カキご飯の写真 カキご飯
<材料>(4人前)
  • カキ・・・200g
  • 米・・・3合
  • だし汁(昆布・鰹)・・・500cc
  • セリ又はみつば・・・少々
  • 醤油
  • 煮きり酒

<作り方>
  1. 米をとぎだし汁を入れる。
  2. カキは塩水でよく洗い水洗いをし水気をふき取る。
  3. 1にカキ、醤油、酒、塩を入れ焚く。炊き上がったらセリかみつばを入れ混ぜ合わせる。


たっぷりの甘さと柔らかさ、独特の風味が魅力

知内ニラ「北の華」

ニラの写真道内一の生産量を誇る、知内のニラ「北の華」。
葉の幅が広く肉厚で、食べると甘く柔らかいのが特徴です。風味が豊かなので、おひたしにしても、とてもおいしくいただけます。
そのほか、卵とじ、炒め物、ニラしゃぶなど、いろいろな料理に合います。
スタミナ野菜として知られるニラは、ビタミンA,B,B2,Cカルシウムが多く含まれており、疲労回復、精力増強、食欲増進、風邪予防、冷え症などに良いと言われ、ガンにかかりにくい体づくりにも役立つと言われています。また、独特の臭いは「硫化アリル」によるもので、胃や腸の粘膜を刺激して消化を助ける働きがあります。
 
知内ニラのおいしいレシピ

ニラと海鮮のスープカレーの写真  ニラと海鮮のスープカレー
<材料>(4人前)
  • 海鮮(カキ・ホタテ・白身魚など)・・・適量
  • 豆腐・・・2分の1丁
  • 生シイタケ・・・4枚
  • ニラ・・・2分の1束
  • 赤唐辛子・・・1本
  • 水溶き片栗粉・・・適量
  • 生姜・・・5グラム
  • ニンニク・・・10グラム
  • カレー粉・・・大さじ2
  • 水・・・5カップ
  • チキンコンソメ・・・10~15グラム
  • サラダ油・・・適量
  • 白飯
<作り方>
  1. 鍋にサラダ油を熱し、赤唐辛子、ニンニク、生姜を炒め、香りを出す。
  2. 1に水、コンソメ、カレー粉、シイタケの薄切りなどを加え、弱火で煮込む。
  3. 仕上げに海鮮、ニラ、豆腐を加え、塩で調味して仕上げに片栗粉で少しとろみをつける。

カキとニラをいっぺんに楽しめるイベント!

しりうち味な合戦、冬の陣 カキ・ニラまつり

毎年2月に、カキ、ニラをテーマに「カキ・ニラまつり」が開催されます。
イベントでは、この時期に旬を迎えるカキとニラを使った「カキ・ニラ弁当」「カキ・ニラかき揚げ丼」などの創作料理の販売や、カキ・ニラをはじめとした知内町特産品の販売が行われます。

【お問い合わせ】
知内観光協会 電話 01392-5-7311
知内町役場産業振興課 電話 01392-5-6161